2007年05月02日

アンバランス・・・

私事では、喜びの共有と賑やかなひと時を。
身内事では、茨の冠を載せ歩む。
仕事では、煉獄落ちが続く。

身心に負担がかかるこの頃。
連休の合間に仕事にいき、身心ともにくたびれ
空虚な気持ちになる。
今の自分の中は空っぽだ。
空っぽなまま、なにもかもを置いて
ひたすら、何も考えずにぶつかるものだけに反応しよう。
見知らぬ人々と行動することへの不安も大きい。
でも、出かける。

いろいろ。
そこまで心配してくれるなどと思わなかった人から忠告を受ける。
自分の行動で自分が傷つくことに気づくことと考えて行動すること。
そんな風に話してくれることがあるとは思わなかった。
自分がひどく傷つきやすいことを自覚するのは難しい。

猫好き知人が、帰っていった。
一緒にドラッグストアによったりすることもなくなる。
モーグリは人間の世界に帰って行きました、ではジャングルブックだ。
これから、一人で耐えなければならない。
本当に心が通った関係だったかどうかはわからないが、
彼女の天真爛漫さが好きで、気持ちが和むところがあった。

「孤独に歩め、林の中の象のように。」
これからの20年、さらにその先をよりよく生きていくのには
孤独と付き合うことが必須となる。
無欲になるよりも何よりも先かもしれない。

なにもかもがあわさりあって、清濁、玉石混合。
あざなえる縄のごとくに降り注ぐ。










posted by CORONA at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

上司がどうもおかしい・・・

毎日が妙に緊迫している上に不愉快極まりない。
とことん、どうかしている人だったんだ、とうんざり。
毎日毎日まるで呪っているようなそんな感じ。

とことん叩けばいいさ。
自分の所に帰ってくる。
人を呪わば穴2つ、っていうが、本当にいるだけで迷惑だな。

う〜ん。
はやいところご栄転してくれ。
どうも癒着っぷりが最悪だし臭すぎる。
また、自分はやっていない、ってわめきだしたり
人のせいに押し付けたりする気らしい。
いったいなにを失敗したんだよ?
それを押し付けようってのが態度が見え見えな分気持ち悪い。

精神的にどうなの?この人だね。
人を潰して気持ちよくならないとおさまらないてのは
最悪な人種だな。


posted by CORONA at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | モメゴト 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

はやぶさたん、飛び立ち・・・

イオンエンジン1つ、リアクションホイール1つで地球への帰路へと。

帰れるところまで、戻れるところまで戻ってきて欲しい。

どうぞ、その道のりをお守りください。
長い長い道のり、
どれほど祈りがあっても少なすぎるということはないでしょう。
帰還を、いつもいつも、心から願っています。
posted by CORONA at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

はやぶさたん、イオンエンジン不調

不調は不調で、そら絶好調ということはないはず、だけれども。
1つだけで運用。
あ〜〜〜。。。
満身創痍なんだもの。
しかたないよ〜〜〜。

ベーキングから始めて、他の2つも用意するのだろうか。
あいかわらず厳しい。
posted by CORONA at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

インドPSLV打上げ

23日にイタリアの衛星をインドが打ち上げたらしい
極軌道って・・・。
そんなに重いものはあげれなかったはずだけどな。
PSLVのおさらいをせねば。


posted by CORONA at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

花見にいく。

ひとりで花見するのが、楽しいとは到底思えん、よって花見はしない。

と思っていたが、この2ヶ月の体調不良で身体を動かすことが出来ていないので、久々に8キロほど歩く。
歩けば桜が咲いている。
夕暮れの桜の下を歩く。
川にそって歩く。
用意されたぼんぼりとライトと桟敷が誰もいない川べりを歩く。
春祭りの頃。
氏神をもたない、帰属をもたない自分には祭りは無縁。
しかしながら民俗学的には祭儀の項目は大きい。
その年の吉凶を、収穫を、占う桜の花であることよ。
並木をあるけば小さな社の裏を過ぎる。
祭が終わったらしく大きな鉦や、後始末する人が見える。
一人で見る桜も、いろいろだ。
古代の人ならば、中世でも、近世でもいいか、
占をし、伝えるものがいるだろう。
言葉になっていない過去の記憶を集め、予測に変える。
巫の見る花は情報を伝える。
暖冬だった。
この夏は冷夏だろう。
過去でいえばかなり飢饉のおこりそうな気候だとか。
ふと、米を備蓄しておこうか
今からネットで買物しておこうかという気になる。
なに、昔とちがうのでそんなに量はいらない。

川を渡り、昔の水城跡をとおりすぎると
あっさりとざっくりと宅地造成されていた。
いいのか?ここは城跡だぞ?と思いつつ歩を進めれば。
どこからともなく、伽羅の香がした。風雅だな。
匂いの幽霊、きっとこの香は自分の脳内にしかない。

帰り道、すっかり日が暮れた対岸の土手を引き返せば
「千と千尋」みたいな光景になっていた。
人の姿はみあたらないが、色とりどりの明りがともされて
桜ばかりがくっきりと川向こうにみえた。
桟敷席にも人の気配。
でも姿は見えない。
魔境のようで、近寄ってはならないようなどうにも不思議な光景だった。




posted by CORONA at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

ポイント。。

・自分を焦りから開放すること。
・初回、初見で、相手タイプを見通しそのペースにあわせること。
・声の調子をあわせること
・全部相手が言い終わるまでまつこと
 でなければ、相手に見守ってほしい等の焦燥感や怒りがでる。
・様式1.2、では
 どんな自分になる必要があるか、について焦点をあてる。
「自分に自信がもてる自分像」であること。







posted by CORONA at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四月にハヤブサは飛び立つ

まちかまえている。
長い旅路がまた始まると思うと奇跡のよう。

ウーメラでお目にかかれましょう。
探査機は、恐らく大気圏に突入して燃えてしまう、のか。

4月12日はガガーリンがボストークで宇宙にでた。
4月13日はアポロ13号が、事故をおこした。

そして、イオンエンジンが点火される〜。

posted by CORONA at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜桜をみた。

職場の送迎会は、まるでお通夜のようだった。

まるっきり想定内なことだから別に。
上司がふくれっつらして、ふてくされる送迎会ってのも凄いね。
でも、とりあえず、あんなもんでしょう、な感じで。
幹事は、針のむしろだったことでしょう。

代行サービスが来るまでの時間、花見をする。
桜に囲まれて、毎年花冠のように取り囲まれるのにもかかわらず
花見をしたことがない。
ふつうじゃないな、と思う。
新年度からいっそう、上司の態度がえげつない。
一人はやるきどころか、時間つぶしに携帯をいじくる様。
もう一人はまるで2歳児。
仕事にきているものにとっては問題行動ありすぎる。

年々歳々花かわらず、なのだが、花などみたこともない。
明るい時間には外にはいてられない。
夜にはそそくさと立ち去る。
花見に行くにも相手が必要ってのがネック。
李白なら月と一緒に飲明かすのだろうが。
散り始めた桜の花びらは白く、
水の入った黒々と光る田に吹き寄せられおちていた。



posted by CORONA at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

あれは愛称じゃないのか?!!

「月周回衛星SELENE(セレーネ)の愛称募集について」

って。。。。
セレーネって愛称じゃなかったのか〜〜!!
驚いたよ。

そっかぃ。
募集しようにもセレーネでいいじゃんってなげやりな気持ち一杯。


・・・回天とかな。(ぼそ)
いかんいかんいかん。
posted by CORONA at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする