2006年01月14日

ひさびさに・・・

はやぶさタン関連のニュースから追っかけしていなかったのではなく。
もうあと3日後には
内之浦でのS310打上げ
種子島でのH2A8号機、9号機の打上げ
内之浦でのMVの打上げ
と未曾有のラッシュが続くのだけれど。
愛は変わらずだが、
今情動がダイレクトに脳の響かない状況なので反応が我ながら鈍い。
(響くのは、怒りとか、諦めとか、そういうマイナスのものばかり)

S310の形は蜘蛛の巣、定型の巣を張らないヤツみたいだ。
面白い。

8号機の4t衛星ALOSの愛称がダイチちゃんに決まった。
男性形の名称だなw
これでショタなお姉さまのハートもがっちりキャッチ、
てなわけにはいかないところが、残念だな。
自分的には、初心にかえりエンジンの長ノズルが萌えポイント。
補助固体ロケット増設各2本っていうのは
シンプルイズベスト、な気持ちにはあまりそぐわない。
パワー大好き、どんだけでも増槽?してぇ〜な部分では、まあいいか。
次のうんたもちゃんが
必死に追いかけている日程というのは、まあなんていうのか。
大変なのだろうけれど、良い部分というのもあるかもなあなどと。
ぜひとも、必死こいてでも
打上げ回数を稼いで欲しいよなぁ。






posted by CORONA at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

はやぶさタン、4.5km

すごい。
何が起きたのか、呆然とするかも、ってくらい。
はやぶさの今後の運用
何があっても、どうにかしてしまうんじゃないかと本気で思うなぁ。
まるでマジックだ。

11月にはいればいよいよ、マーカーを落とし
ミネルバちゃんが活躍する。
信じられない。
どれほど遠いところにいるのか、
打上げのあの白い雲を見てからどれほど時間がたっているのか。
今、ちゃくちゃくとイトカワに近づいている
小さな探査機と同じ時間を過ごしているなんて。
これって、一緒にいられて幸せかも、とか思う。
やたらめったらメロメロだよぅ。
posted by CORONA at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

人生に絶望したような気分。。

そんな気分に陥ったので、
絶望したら、ほら、アンチョビーがあるじゃないか。
そんな夜には、キャベツとアンチョビーの野菜炒め。
と、大きな溜息をついていたら。
溜息は、溜息を呼ぶらしい。

はやぶさたんの、リアクションホイールがぁあああああ。
太陽の向こうは大嵐、
何か起きなければよいけれど、と思っていたが
何か起きました。
3つの姿勢制御装置のうち1つは長い旅路で動かなくなっていた。
残り2つで運用していたのにそれが、1つに。

どうなるんだろう?

なんだか、やるせない。
自分が元気がないからそれを投影しているだけなんだけどさ。

運用している人たちは、諦めることも投げ出すことも出来ない。
絶望することも出来ない、そんな場所があるんだということ。
ああ、どうか、動いて欲しい。
どうして、そんなに試練を与えるのか。
そして、微笑みながら、その成果を持って帰ってきて欲しい。
大きなミッションを、こなしてきた小さな探査機が
遠い所で難儀している。
まだ、地球は遠いんだから、
そんな遠くから帰ってくるんだから。




posted by CORONA at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

万物を流転させる、金も技術も。。

元うんたもちゃん、新ひまわりちゃんからのデータは
第3世界、アジア世界で利用できるのだろうか?
「ツナミ」の時、旧ひまわり依存の気象データは提供されえない。
アメリカから金出して買えるほど予算はなかっただろう、と聞いた。
ODAで整備された旧ヒマワリの情報受信システムは
アメリカ、ロラール社製のうんたもちゃんのデジタルな情報を
受けることはできるのだろうか?
その受信データの様式のチェンジはいつ、誰がどのようにするのか?
そもそも、できるのか?

溝に金ばら撒く誰も幸せにも、一時しのぎにしかならない援助や政策に
なにやってんだよ、っと腹正しさも生まれよう。
ODAだって、国税からなのではないのか??
我々はまったく関与していないのか?
使いたい放題なのか?

くっそ〜〜〜う。
中国の巧妙かつ儲け話たんまりなやり方に対して
なんとも泥臭く尚且つ利益、この場合は国益か、を生まない。
それどころか、宇宙開発の分をきちきちと削っていく方向にしかならない。

彼らのなんと巧妙なこと。
第三世界の国々の資源開発用衛星を上げることで
資源発見の際の利権だけでなく
自国の宇宙開発産業への安定した受注、生産、ならびに技術の開発を
やってのける。

ODAに垂れ流している金を宇宙開発用の予算に載せることで
国内にその分の金を流して技術開発と経験値を稼ぎ
更には国策的に将来的な投資をし、(恐らくはどれかで回収されるだろう)
そして何より相手国に感謝される。

どういうことよ?
金の使い方絶対まちがってる。
他国との関係、やりとり、絶対日本はおかしい。
ばらまくだけで誰も幸せにならない。
個人や企業の一部は太るだろうけれど、それは国益にならないじゃないか。
むかつく。

やられっぱなしだ。
何もかも。
月に有人なんて何の意味もないと思っているが、
有人どころの騒ぎじゃない。
構造からして、敵わないじゃないか。
無駄な金は使いませんよ、という流れが政府に、国にない以上。
いつも、いつも、どうしてこんなに馬鹿ばっかり。
いつまでも弐百参高地、はんばーがーひる状態。
太平洋戦争で何を学んだのだろうな、政治家に歴史はいらないんだったな。
しのげる今だけか。


posted by CORONA at 00:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

はやぶさたん、到着〜〜!!

イトカワの傍に。
その20キロはなれて伴走中。
到着〜〜!!

遠い所にようやく着いたね〜〜。
よかったねw



posted by CORONA at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

ようこうタン、お疲れ様です。。

太陽X線観測衛星「ようこう」(SOLAR-A)の大気圏再突入についてのお知らせを受け取った。
お疲れ様です。
随分と長い間の運用、本当にご苦労様です。
>中の方々

大気圏に突入して、燃えつきるのですね。
素敵なデータをありがとう。

予定は9月12日。
重陽からおくれること3日予定。
魂は千里を駆けるから、そしたら、どこにでも行けるんだね。
と、菊童でないほうの逸話を思い出したり。
posted by CORONA at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

宇宙開発フォーラム。。

そーだ、宇宙開発フォーラムに行こうw
というのは、また急なお誘いを戴いたせい。
こんなのがあるのか〜、ふ〜〜ん・・・だったりする。
ちょっと、申し込みフォームでへたれたりするけれど。

ごしょぞくってさ〜〜〜・・・・。
わたしのご所属はきっとフォーラム事務局が想定している内にはないと思うな。
まさしく、想定外・・・から申し込みますがそれでもOK??(笑)

あ〜。
問題は、資金だよな。
18日から参加できるだけの金力が残っているかだな。
バスか〜〜。
それもな〜〜〜。
頭働かないから、もったいないし・・・。
お泊りするのがイタイな〜〜、って
ああ、なんて贅沢な悩みでしょうw
posted by CORONA at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

夜の打上げ〜〜〜

美麗ですな〜〜。
やったぁ、カドニエプルロケット打上げシーンがカウントダウン頁に登場〜〜〜
おお。
おお、おお。
うおおおお。。。
24秒後に襲ってきたバリバリバリ音にひっくりかえる。
350mかける24でよかったかしら〜〜?
としつこくしつこくサルのように再生。
ほっといても再生してくれるから、もう止めどなし(笑)

すざくたんのヘリウム漏れも・・・ネジの留め忘れとかじゃなく?
真空材の問題となってきた・・・らしい。
マホービンにヒビいってたってこと??
ま〜た、某国製品が、とかじゃないだろうな?
のぞみタンの時みたいになったら哀しいぞ?
てか邪魔されてるみたいだし(笑←トゥシューズに画鋲がw
違っても、なんかつらいのは一緒だけどね。


posted by CORONA at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

キラリとレイメイ・・・。。

バイコヌールでは無事打上げが終わっていた。
冷戦の遺物は立派に役目を果たす。
・・・こわ〜〜。
ちゃんと目標までぶんぶん飛んでいけるんじゃないか。。
ロケットだからな〜〜。
兵器であるということのその無骨さというか頑丈さってのが・・・。
ロシア製だし?

2つの衛星はきらりとれいめいというキレイ系のお名前がついた。
きらり様はESAのアルテミスお嬢様とキャッチボールする訳だな。
・・・2人ラクロスでもいいけど・・・(妄想中)
いや〜デートの時間に間に合ってよかった、よかった。

ピギーバックのれいめいタン(笑)
上がったです。
重量に比べて名前、かなり重々しいですw
そのアンバランスさが、萌えなツボなんでしょうか?
なんだかドイツ軍のネーミングセンスと被るですね。
とかいっていれば、お名前の由来発表。
思い出の名前の方ってばこんな難しい漢字でレイコさん・・・。。

それにしても、
ドニエプルロケットの光芒たっぷりな写真が一枚だけって。。。
もっとサービスしてよぅ〜〜。
見に行けないんだから〜〜〜、はぅ。
posted by CORONA at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

カウントダウンっ・・・(じゃないじゃん)

OicetsとIndexのカウントダウンだぁ〜〜〜と喜んでいたら。。。
さすがカザフスタン、とおいのねえ〜〜
8月24日午前6時の打上げを前に
全然、カウントダウンになってないじゃんか〜〜と
内心叫びをあげる。
まあ、なってるんだけど・・・。

その、まあ地球滅亡まであと何日何時間とかいう(笑)
007の映画のクライマックスみたいな
時計が廻っているわけじゃないのですな。

粛々とその時をマテっって感じですか。
ロシアの管制って、どんな感じだろ〜な〜。
きっと秋山さんの時には映像とか出てたんだろうけど記憶にないや。


posted by CORONA at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

もちろんハヤブサたんだって凄いんだよ〜ん

にやけまくり。
ハヤブサたんが小惑星イトカワの写真を送ってくれているんだもんね〜。
か〜わ〜い〜い〜!!

ちっさいのに高性能だわ。
もうメロメロですよ。
ふふふってなもんですわ。
posted by CORONA at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でかしたっ!すざくタン〜〜

トラブルに見舞われ、みんなが心配していたすざくタンですが
どうやら、irst lightに成功した模様!!
ああ、リソースを早く見に行かねば・・・
はけ〜んっでつ!
ASTROARTSさんとこです〜〜。

ちゃんと他の観測機が働いてくれていたんだね〜〜W
posted by CORONA at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

夏のロケット、アトラスXあがる。

火星探査機MRO姐さんが、無事飛翔。
火星行きのチケットを手に12日旅立ちましたとさ。
よい、旅行をw

アトラスX、燃料タンクの温度センサー異常で
打上げ日が一日延期となった模様ですが
たんたんと打上げが進んだようです。

枯れた技術なの?だからなの?どう違うの?(笑)

posted by CORONA at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

お帰りだ・・・。

お戻りになりました。
大気圏通って。
無事に。
2年ぶりに。

エドワーズに到着。
ディスカバリー号。

宇宙に行くのって疲れる、のな・・・
posted by CORONA at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

夏のアトラスX

覗きに行ってはいつも敗北を喫してすごすごと帰ってくる(笑)
(でも、こそこそと思い出したように眺めに行く)
歌島昌由の近況」さんのところで
うって変わってグラマラスな魅力溢れるお姉さまオービターの姿を拝見する(笑)
げげげ〜〜。
そうだな〜〜。
むっちゃ、美人というより骨格太いって感じか。
2180kgで今までの NASA の火星探査機の約2倍の質量って・・・。
ブルネットのさ〜〜、にゅーはーふ風味のお姉さまに見えてくるぜ。

おお、思い出したぞ、そいうキャラクター、
確か、わんだーうーま○とかいったな、
あの頬骨の異常に飛び出した顎の四角いグラマーなオネエチャン。。。

脳と目がくさってまつか?そうですか・・?

こちらは8月10日以降にアトラスXで打上げ。
posted by CORONA at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の、ドニエプル。

バイコヌール入りして順調に作業が進んでいるような
光衛星間通信実験衛星(OICETS)タン。
8月24日に打上げですね〜〜。
朝の6時って、はやっ(汗)
えっと時差があるから、何時になるだろ〜〜。
・・・まてよ、見るのは無理だろう、おそらく。
中継局が拾うデータは、どこで公開されるのかな??

ついで。
ピギーバックが、可愛いのだ〜〜。
いんでっくすタンてばさ、ほんと、炉り炉り〜〜。
70kgだって〜〜。
ふわっと重力下でも姫抱っこできますw←かなり無理というか無茶。
ちょっと、すりすりしたくなるくらいの可愛さだよな〜〜。


ちょっと、暑くてただれてますかね?>自分の腐れ脳
posted by CORONA at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

人類は色と欲とで進んできた。

アレクサンドロスが領土を広げたのも。
ルビコン河を渡ったのも。
壮麗たるローマにしても。
新大陸?はは、それこそ。

宇宙という版図を前にしても、基本行動は変わらない。

NASAは派手な打上げで予算を。
大幅に緩和した安全基準って、そもそも
老朽化したシャトルはいつ分解してもおかしくないわいな。
バードストライクですら大きな事故に繋がる瑕を得ることは出来るのだろうさ。
少なくとも剥がれすぎるタイルはもういらないだろう。
危険すぎとか思うんだったら。
バイバイ、シャトル、2010年終業だね。
次世代機はそのあと何年たってから出てくる予定だったけ?
冗談抜きで、世界中の人間相手に詐欺働きやがってと思うぜ。
ISS、どうやって無駄金でした〜〜
折角作ったの、のせれませんって〜って誰がいつ誰にいうのさ。

もっとも金が注がれても誰も文句をいわないジャンルって
兵器、軍需産業しか思いあたらないのは、何故だろうさ。
この夏、バイコヌールからあがる2基の衛星は
冷戦時代の過去の遺物の平和利用であがる。
きれいな燃料をめざすなら液酸・液水だが。
どうみてもな〜〜・・・・。
←全段ヒドラジン系&四酸化二窒素系、アミルとヘプチルって書いてある〜〜。
なんて親切なんだ、この打上げ及び追跡管制計画書

などとぶつぶついいつつ。
ヴェネト産のフルーツスパークリングワインを開けていたり。
なに、アルコール濃度6%、ビール並だ。
内之浦のお土産でもらったキビナゴからとった出汁と麦味噌で
具沢山の味噌汁を・・・のはずが、牛乳を足して冷たいスープとなる。
はちみつを足して1週間以上休ませたピクルスがやっと食べごろに。
何をするのにも時がある。
若いピクルスは酸っぱすぎた。
今、やっと芳醇なハチミツの濃い香りとびりびりとしたたかの爪が調和。
飲みすぎても、食べ過ぎてもいけない・・・と思いつつ。

明日、どうしような〜〜。
海、行きたい。
呉線に乗りたい。


posted by CORONA at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャトル打ちあがる。

どこか浮ついた政治がらみなんだよぅがみえみえな対応の末
シャトルが打ちあがった。

人間の肉体ってのは本当に脆い。
すぐぐじゃぐじゃになる。
更に、そんな脆弱なもんを完全に安全になんてありえない。
ココアビーチでの半神かユリシーズであったのは
そら、どれくらい昔の話だ?ってこと。
今でも子どもの夢であるのだろうか?
それは子供にきいてみたらいい。

ISSの規模縮小、スペースシャトル運用の期限が切られ
ほんとかうそか、
月と火星への有人の計画を立てた、らしい。

クリスマス時期、ISSでの食料不足が取りざたされた。
ロシアのプログレスの無料輸送はなくなる。
シャトルの後継機ってなにさ???

2転3転したISS。
どうするだよ?いい加減なことしやがって・・。
なんて、思う人もいるんじゃないか
いてもいいと思うがな。

うちあがりゃあ、いいってもんじゃないな。
なんて、ちょっと苦い打上げ。

そう、こんだけテレビで中継ってのもなんかムカつくのだよ(笑)

posted by CORONA at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

師匠と出会う

今私があるのはこの人と会ったお陰という人間が何かしらいるものだが、
この人から趣味、宇宙開発への道を授かった、
といっても言いすぎでないのが、師匠、こと作家 笹本 祐一氏なのだ。

日本で一番ロケットの打上げを見ている作家(笑)の名に恥じず
つい先日まで、アメリカまでシャトルの打上げの取材にいっていた
師匠と、宇宙研の一般公開のときに出会った、もといすれ違った。

いや〜〜〜。
腰を抜かすかと思いましたw
お変わりなく、の行動力に、おおお〜です。
・・・時差ぼけなしですか、凄い・・・。
ご挨拶して、ほんの僅かではありましたが、お目にかかれてよかったな〜と。
こちらはちょっと上がっていて、いや、どうしようと、思考停止でしたが。

まだまだ、不肖の弟子(自称)です。
未だに何がなんだか、よくわかっていません。
でも、最初にきっちりと先生にレクチャーを受けたことが
未だに、打上げ〜、人工衛星〜〜と萌え萌えな自分の基礎になっています。
どれほどのエネルギーがこの地上を離れるのには必要なのか、とか。
姿勢の制御、とか。
わからないなりに、宇宙を相手にするということは
こういうものと取り組んでいるんだよというポイントを
まったく広々とした大海原のような未知のジャンルに目を瞠っている自分の前に
指し示していただいたように思いますw

そんでもって、大喜び。
師匠とすれ違った後、自然に出来た列に並んで厚かましくも
的川先生とペンシルロケット(モデル)とで写真撮影してもらいました〜〜。
ははは〜〜。
これで、私の、ペンシルロケットまつりは・・・終わったし。(えぐえぐ)
そうして、ペンシルロケットの講演については、その歴史はHPにお任せするとして。
次の世代、への良質な知的好奇心を育成する方法として宇宙という場は
まさに適任だと思う。
教育現場だけがになうのではなくそれを支援する場が生まれて
本当によかったことだと思う。
恐らくこれから宇宙研の先生がたが愕然とするだろうと思われるのは
子供達を教育する側の人間、の質の問題と環境であろうな。
信じられない〜〜っという状況が
闊歩している現状とまずは対面となることだろうなぁ。
人はみな自分を基準とし自分より下なんてそうないだろうと思うものだが
現実は下には下が・・・をみることになるだろうな。
でもあきらめずお題目にならず、進んでいって欲しいと心から願ってます。


そうして、もう、もう、大満足な1日。
でも、師匠とすれ違ってからとっても、後悔しましたとも。
し、師匠、今年の宇宙研の出し物の、目玉はなんですか〜〜〜
って聞いとけばよかったよぅ・・・。
時間なさすぎで、全部まわれなかったですよぅ〜〜(涙)
はやぶさタンモックアップと記念撮影もしてきたぞう〜。
アストロFたんの、完成しちゃったら、秘められた場所になっちゃう
バス部も舐めるように、上から見物してきたし〜〜(ハァハァ)
レールガンが見たかったという同行者の嘆きとも呟きともつかない声に
あ〜、残念だったね〜、あれ楽しいよぉ?と鬼のようなことをいいつつ。
帰路につく。

地震の影響はどうだったんだろう?
衛星さんたちと、ちょっと心配。




posted by CORONA at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

すざくたん、羽を広げ終わる。

>打上げ翌日までに、スピンダウン、太陽電池パドル展開、
>3軸姿勢制御モード確立までを、順次、正常に完了しました。
>なお、太陽電池パドルからは十分な発生電力が得られております。

> 本日、12時30分から約4分かけて、X線望遠鏡伸展を実施しました。
>伸展はすべて正常に行われ、所定の距離を伸展し、
>伸展状態で固定されたことが確認されました。

あとはゆるりと上昇。
2週間かけて羽ばたくのですね〜〜。
うひゃひゃひゃ〜
posted by CORONA at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。