2005年09月04日

阪神のデパ地下。

今日のチーズ。
*ブリーサンベノア。白カビタイプ仏蘭西
やっぱ、1個はブリーを買いたいよう。

*DOFO BLUE 青カビ デンマーク
単にフルボディのワインにあわせたかっただけ。
でも、あとグラスに1杯しか残ってないってどういうこと???

*ボニファッツバジリコ ドイツ
バジリコ風味。ババリア・ブルーはあまりに軽かったのでドッホにする。
バジリコでサラダぽい味かも。

明石で買ったカンパーニュはちょっと軽い感じ。
やはり、もっとずっしり、が好みだ。
ややヘビーなドッホを乗せてみれば丁度いいかもだ。

大丸にワイングラスを買いに行く。
イメージしていたデコラティブなのがなかった。
アメジスト色、太陽の文様入りという、どうすんだよ?これ
みたいなグラスが、気になって、気になってあればラッキーと買いに行く。
勿論なかった。
それくらい前に見たんだよな。

かわりにお値段も手頃な背の低い透明なグラスを買う。
でも、2個だけ(笑)
本当は1個でもOKなのだが、それはそれ、見栄というもの。

やっと、割れたグラス(なんかの景品でもらった年代物)の後釜がきました。
うん、別に耐熱ガラスのコップで飲んでいてもそれは、それでありなのだが。
まあ、いいじゃないか、と。

帰りに遠回りしてチョコレートケーキを買う。
なんだな。
いろいろあるにしても喰うことだけは変わりなく自分の傍にいる。
店がなくなればそりゃダメだが。
そこにある、確実な外界からの刺激。
何があっても変わらない刺激というのはありがたい。
Nec possum tecum vivere, nec sine te.
(お前と共に生きられない。お前なしにも生きられない。)
なんていう事柄は沢山、それこそ山のようにある。
せめて「お前なしには生きられない」が沢山ありますように。
洋ナシとチョコレートのケーキのチョコレートクリームのように。
posted by CORONA at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | チーズ覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6561263
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック