2005年07月02日

お疲れとともに憂鬱がやってくる。

当然といえば当然なのだが。
体にやっと相応の反応が返ってきた。
眠気、疲労、肩こり、倦怠感。
そんでもって、走り続けた6月の反動。
強烈な空虚さがぽっかりと口をあける。

いままでやってきた分野の仕事を、投げた。
私はやらない、と宣言。
今、私のやりたいこと、やらないと後悔する事は
この3年間やってきたことの完成形を作ることにはない。
本来されるべき義務が果たされていない
更に困難で介入しずらいジャンルが口をあけて待っている。
誰がそこへ切り込んでいくことが出来るだろう?
それができるのは、我々だけというフロンティアが呼んでいる。
しかし、それは自分への言い訳なのだろうか?といぶかしく思う点もある。
でも「やらない」でなく「やれない」であることを
他人はわからなくとも自分は知っている。
きれいごといいながらエライサンの顔色窺いながら腹を探りあいする時間なぞない。
建前なんぞくそくらえ。
手元のカードひっくりかえしてあるものから出来ることを引き出してくる。
そういう仕事しかまわしてこないくせにぬけぬけと。
そういった状況になった時に、やれることをするから、もういいのだ。
余計なことから自分を解放しなければ、もう体も持たないってこと。



疲れてやっと休息が取れる状況であるはずなのに空虚感が蝕む。
それは、危険信号なのだからね、と自分にきかせる。

またフィクションや、恋愛事やなんやかんやの本が
受け付けられなくなってきた。
感情の拒食症だ。
・・・、そうではなく、ただ趣味にあわないだけかもしれないが(笑)
ああ、めんどくせ〜〜よ。
惚れた晴れた、信頼がそれが何?うぜえってもんだ。
ちょっと、危険信号点滅しつつある。
休み、1週間くらい必要かも、だ。







posted by CORONA at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | モメゴト 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4777708
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック