2007年05月05日

ギフト、連休

友人からもらう一番のギフトは
その人と一緒に過ごす時間をいただけることかもしれない。

その人へ向ける家族のまなざしを、
またその本人の変化を目の当たりにし、
彼らから発振する感謝と愛の情動をみる、体感すること。
そんな体験は、人生でもけして多くない。
ありがとう、素晴らしい時間を体感させてくれて。

人との距離、問題の混同、
人生の目標と思っていることはそれは本当は誰の目標なの?
そんなことを、連休中に出会った人達から示唆された。
自分のことを守ろうとしないのなぜ?
なぜ、他人が自分を傷つけるようなやり方で入ってくる時に
阻止できない自分でいるのか?
他人に傷を与える言動を、自分は、無自覚にしている。
その事はなぜおきたのか?

相手に与えられたと思っている痛みや問題は自分の行動からきていることを考えれば
問題があることは自分の上の未解決な問題があるということの反転であることを気づくこと。

相手に巻き込まれないこと、が目標という人もいる。
自分を大切にすることが課題な自分がいる。
本心を否定せずに一度形にしてやること。
すべての男なんぞ滅びてしまえという笑交じりの言葉の下には
過去の親子関係が隠れている。
自己本位を否定し自分にとって都合のいいことをいってはならないという意識の下には
条件付きでなければ得られなかった愛情その他生育歴とその家族が背負ってきた価値観がある。
「苦労しなければ、認められない」という強迫観念は
本人だけでなく他人をも不幸にする。
これは、誰の希望なのか?
自分は本当にそうしたいと思っているのか?
ゲシュタルトのワークを進められた。

無条件の愛情をそそぐためには
きちんと人と自分の距離を自覚しなければならない。
相手の領域に入り込んでいることを知った上での言動を
相手を尊重した関係作りをしていきたい。
そう思えたことがこの連休の収穫。

優しい思いやりを受け取り、
何をしたいのかを自覚することを助けられた。

課題はいくつか。
何、根っこは1つ。













posted by CORONA at 14:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人生と思うんだよー、しってるよー♪
Posted by BlogPetのでぃえむ at 2007年05月09日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40845284
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック